お寺の耐震改修


寺院の耐震改修はどの工法がベストか・・・・伝統工法を考慮した壁工法が寺院に適合するか
色々検討した結果、限界耐力計算に基づく耐震金物工法
落ち着きました。

後期元文(1、541年)に建立された本寺院は、本堂焼失後、
安永9年(1,780年)に再建され、240余年が経過した
145坪の由緒あるお寺です。


DSCN2167_convert_20230822150537.jpg

耐震改修後の本堂です。
腰部は柱と土台部を耐震金物で繋ぎ、仕上げ材は桧本実板
覆っています。



DSCN2144_convert_20230822150413.jpg

耐震壁の要をなす土壁パネルは、漆喰仕上げです。

余談ですが本堂の柱等は、すべてツガ材で架構されていました。
当時の山々が、いかに豊かだったのか容易に推されますね。




DSCN2023_(2)_convert_20230822150134.jpg

耐震金物は20㎝、30㎝と使い分け、床下・小屋裏に
約100枚強、使用しています。

新たに桧150角材を架構し、土台をかき込んで納めています。
丸太形状の土台が多い中、この辺りが耐震強度を
確保できるかどうかのポイント。




DSCN2020_convert_20230822150103.jpg

DSCN2049_(2)_convert_20230822150201.jpg

土台廻りへ耐震金物を取付たところ。
土台は裏面からホゾにより打ち込んであります。



DSCN2073.jpg

土壁パネル・木製建具・土台廻りへ耐震金物を取り付けて
いるところです。





DSCN2120_(3)_convert_20230822150330.jpg

内部土壁パネルに、漆喰の下塗を施工しているところです。





DSCN2156_convert_20230822150507.jpg

小屋裏の昔ながらの小舞下地のママのところは左官材で補強しています。






DSCN2146_convert_20230822150439.jpg

これまた職人さんが造作した木製建具も取り付き、腰部も桧板本実板張も終了し完成間近かです。




DSCN2182_(3)_convert_20230822150627.jpg

アルミ建具も木製建具も新規に入れ替え、土壁パネルの漆喰仕上げも完成した内観風景です。




DSCN2171_convert_20230822150602.jpg

耐震改修した南面風景です。
新規に架構した5寸角の土台が、耐震面で効果的で
力強い雰囲気を、醸し出しています。

DSC_0010_convert_20231202101100_20231202101824792.jpg

これは檀家の皆様の位牌を供養している位牌堂です。
この部位だけなぜかRC造で出来ているんです
小屋組みは240年前の木造・丸太組のままで
下部軸組だけRC造であり、大変な工事だったかと
容易に想像できます。



DSC_0046_(3)_convert_20231202101041.jpg

位牌堂の外観風景です。
意識してこんな難しい改修をしたのではないでしょうが、
混構造のRC部が、耐震補強としてしっかり要をなしてると思います。