• お寺の耐震改修
    寺院の耐震改修はどの工法がベストか・・・・伝統工法を考慮した壁工法が寺院に適合するか色々検討した結果、限界耐力計算に基づく耐震金物工法に落ち着きました。後期元文(1、541年)に建立された本寺院は、本堂焼失後、安永9年(1,780年)に再建され、240余年が経過した145坪の由緒あるお寺です。耐震改修後の本堂です。腰部は柱と土台部を耐震金物で繋ぎ、仕上げ材は桧本実板で覆っています。耐震壁の要をなす土壁パネルは、...
  • 土蔵の再生・3題
    今や希少な土蔵再生・3題の紹介です。江戸後期からの伊那谷の民家は、主屋に対し、西面に土蔵・北面に長屋を配するのが一般的です。土蔵は文庫蔵・穀蔵・味噌蔵と西面に一棟配置され、北面には桑蔵・蚕蔵が配置されました。なまこ壁を改修した I 邸元々3尺間に柱が立っていますが、耐震性を考慮し3寸柱をブレース状に入れています。小屋裏は丸太の棟梁が通り、タルキが架構された土蔵の通常的なタルキ構造です。軒桁・柱共に良質...
  • 信州健康エコ認定住宅・スモールハウス1題
    今回は引き渡し後1年経過したスモールハウスを紹介します。桧・カラマツ・杉材等で組み上げられた「信州健康エコ住宅」です。なぜか最近目につく片流れ住宅です。南面の軒の出は深く、デッキをしっかり風雨から守っています。この辺り民家との共通事項です。片流れのウィークポイントは北面の軒天。日経アーキテクチュアーにも掲載されてましたが綿密な漏水しないディテールを要求されます。1階居間の風景です。上部は吹き抜けで南...
  • 築230年 造り酒屋のファサード改修
    今回は以前紹介しました南信州吉田地区の古民家群の話題です。古民家群の中で中心的な役割をなすのが、元造り酒屋のM邸です。環境省の「地球温暖化キャンペーン」として全国五紙の一面に掲載された大変由緒正しき名家です。過去のブログ-①過去のブログ-②赤レンガの煙突と共に、地域のシンボル的な住まいとして愛されてきました。やはり230年の経過からくる(これ自体驚異的な年代)劣化が見られ正面を改修しようという話になりまし...
  • 築112年 160坪大型古民家 2世帯住居に再生(写真追加)
    建設地の南信州・大島山地域は広大な田園風景が広がり、今や貴重な「農村原風景」が残っている地域です。地域の名跡「瑠璃寺」を中心とした皆さんの「郷土愛」は強く、A邸の様な「養蚕民家」が数棟住み継がれています。...